2017年04月06日 | | 借金のデメリット はコメントを受け付けていません。

円マーク学生ローンは、すぐに学費で困っている人たちに、お金を貸し出ししてくれるのでとても便利です。すると学生さんは、次に何か困ったときに、また借金をしようというモチベーションが生まれてしまうかもしれません。これが危険な発想なのです。

学生の人たちは、多くのケース、学生ローンを一度利用すれば、増額を申し出るといいます。返済額が減れば、また借り入れをして、もとの借り入れ額に戻してしまうという人たちもいるでしょう。借りているお金なのに、自分の貯金のように錯覚している若い人たちも多いと言います。借り入れをして、お金を返済することが出来ないから、また借り入れをして返済に当てる人たちも若い人たちにいます。それを一般的に自転車操業といいます。若い人たちにだって恐ろしい罠は待ちかまえていることになります。

学費を学生ローンで支払いするという苦肉の策は間違いなく若い人たちを救ってくれる最後の救済です。しかし、若い人たちは、その救済にどっぷり甘えてしまってはならないということです。借金は、しっかり計画性をもって返済していくモチベーションを持たない限り、身を破滅させてしまうものでもあります。せっかく学生ローンという存在がありますので、有意義に利用していただきたいですね。

2017年04月05日 | | 学生ローンで借りる はコメントを受け付けていません。

アルバイトをせっせとして学費を紡ぎ出している人たちも大勢います。しかし、学生の人たちは勉強をすることが本業だから、思うようにアルバイトが出来ないというのも本音です。そんなとき、親が仕送りで救ってくれれば良いのですが、不況でなかなか期待通りには行かないようですね。
お金が足りない
やむを得ないとき、間違いなく若い人たちを救ってくれるのが、学生ローンです。今時、どこの学生ローンでお金を借り入れしようということは、スマートフォンでインターネットに繋げばすぐに判るようになっています。

そのとき、大手消費者金融がいいと思うかもしれません。インターネットに広告が一杯溢れかえっているのも、大手消費者金融であり、消費者金融の方が学生ローンよりも安心感があるというのも事実です。しかし、消費者金融は、年齢制限が、学生ローンよりも厳しいという場合があります。消費者金融は、基本、学生という人たちにあまりお金を貸すことをメインとはしてないようです。

学生の人たちにお金を貸し出しすることをメインの仕事としているのは、学生ローンです。学生ローンは、若い人たちだからこそ、高額の貸し出しはしません。小口の消費者金融と考えても良いでしょう。大口を借りて返済に翻弄してしまうのも学生さんなのです。
ちなみに学生ローンの「e-campus」では低金利の14.5%~16.5%で貸付を行っていて、通常審査での利用額は50万円迄となっています。もちろん、低金利低額だからといってジャンジャン借りてよいわけではありません。しっかりと自分で返済ルールを設けて計画的にローンを組むようにして下さい。

2017年04月04日 | | 返済はつらい認識 はコメントを受け付けていません。

借金苦学費のためにお金がないという場合、学生ローンを利用してお金を借りるというのも一つの方法です。若い人たちは、学生ローンからお金を借りたとき、意外と簡単に借り入れ出来たことに驚きもあるのではないでしょうか。学生ローンの業者も商売なので、お金を貸し出ししたくて仕方がないのです

そのとき、テレビが今度は欲しいからまた学生ローンから借金をしようというモチベーションが生まれるかもしれません。借金という方法は、自分でしっかり身を引き締めないとこのような欲望をずるずると表に出してしまうことになるので注意が必要です。学生ローンでお金を借り入れ出来る限界があり、それはそれほど高額ではないので、そこで歯止めはきくのかもしれませんが、人間の欲求がエスカレートすれば、闇金業者、友だちなど、いろいろな場所からお金を借り入れする方法ならまだまだ見付けることが出来ます。

借金とはそれ程、甘い体験ではないということを若い人たちも知るべきでしょう。借金とは、借りるときは非常にスピーディーに借り入れ出来て、自分が本来お金がなくて実現出来ないことが出来てしまうものですが、返済には苦労しなければならないものなのです。借り入れ額イコール返済額ではありません。